Skip to content

GoogleSketchUpは仮想実験室?

2010年9月17日

連休用にもう1つ投稿します。

「パーソナルファブリケーション」を世界中でリードする雑誌「Make:」の日本語ウエブサイトのブログポスト”SketchUpに命を吹き込むSketchyphysics”のおかげで思い出しましたが、i.materialiseでも3Dモデリングソフトウエアの一つとしてお勧めしているGoogleSketchUpは、単に形状を作るだけではなく、プラグインSketchyphysics(プラグインダウンロードはこちら)を入れると「モノの実際の動きや機構」をシミュレーションできるのです。 しかも全くお金をかけずに、持っている普通のPCでも。

このムービーを見ているだけでも楽しく、いろんなアイデアが湧きませんか?

これは初めて使う人のチュートリアルですが、私もすぐにこの通りのシミュレーションができました。

3Dプリンティングの上手な使い方の一つとして、「組み立てた機構で動く」ものは、各部品をバラバラに作って組み立てるのではなく、3Dモデリングソフトウエア仮想空間内でパーツ同士がくっつかないように隙間をあけた状態で、そのままプリントすれば、「動かせる」ものができてしまいます。

この連休に、まずGoogleSketchUpを試してみませんか?

No comments yet

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: