Skip to content

3Dプリンティング工法「Polyjet」とは?

2010年9月24日

i.materialiseグローバルブログから。

選べる3Dプリンティング工法と材料の多さがi.materialiseのひとつの特長ですが、その中のひとつ「Polyjet」についてご紹介します。

なかなか普段このようにプリントしているのを間近にみることはできないのですが、動画でご覧頂くとわかりやすいと思います。途中で、白い樹脂を半透明な樹脂がくるんでいるように見えますが、白い樹脂が実際にプリントする形の部分で、半透明なものはプリントしている間に白い樹脂を支え、プリント後に溶かして取り除く「サポート材」などと呼ばれるものです。

Polyjet(TM)は、イスラエル「Objet社」により開発、装置製造、販売されている工法で、紫外線により固まる樹脂を「インクジェット」のように薄く吹き付け、それを紫外線で固めて積み上げていくという工法で、特長は大変細かく、滑らかな形状ができるということで、反面、強度や耐熱性では他に比べ劣る面があります。価格もお求めいただきやすい材料のひとつです。

i.materialiseでは、Fine layer epoxy(硬質樹脂、白色)とRubber-like(ゴムライク、黄濁色)をPolyjetの材料としてお選びいただくことができます。

Fine layer epoxy

Rubber-like

あまり大きくなく、細かい形状や滑らかな面が必要だけれとも、強度や耐熱性は必要としない、フィギュアの原型やアートオブジェなどに向いています。是非お試しください!

No comments yet

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: