Skip to content

3Dプリンティング=これからピークへ向かうテクノロジー?

2010年10月13日

「ハイプサイクル」ってご存知でしたか? 私は知りませんでした。

面白い記事がありましたので引用紹介します。Publickey様ブログポストから。

http://www.publickey1.jp/blog/10/20103d.html

米調査会社のガートナーが「Hype Cycle for Emerging Technologies, 2010」を発表しました

ハイプサイクルとは、新しく登場したテクノロジーは大きな期待と注目を集めた後、いったん盛り上がりが冷めて、その後普及期に入ると再び注目されるようになるという、同社が発見したハイプ曲線に沿って、現在注目されているテクノロジーを並べたものです(参考:ハイプサイクル - @IT情報マネジメント用語事典)。

figHype Cycle for Emerging Technologies, 2010。図が大きいので、上記はその左側の一部

今回発表されたハイプサイクルには、企業向けだけでなくコンシューマ向けのテクノロジーも含まれています。

2010年版の「過度な期待」のピークにあるのは、ワイヤレス給電、3Dテレビ、Facebookが採用している、知人が何をしているかを時系列に並べたアクティビティストリーム、クラウドコンピューティングなど。

ピークを過ぎ「幻滅期」に向かって落ちているのが、Twitterのようなマイクロブロギング、電子書籍リーダー、高精細な電子会議のテレプレゼンス。

そしていままさに幻滅期のどん底にあるのが、セカンドライフのようなPublic Virtual World、そしてCGM(コンシューマジェネレーテッドメディア)。

右側に途切れていますが、モバイルアプリケーションストアやバイオメトリクス認証などは、幻滅期を無事に乗り切って、啓蒙活動期へさしかかっています。

では、これからピークへ向かうテクノロジーにはどんなものがあるのか、左側のテクノロジーの黎明期に目を向けてみましょう。すると、ビデオサーチ、3Dプリンティング、会話翻訳、インターネットTV、プライベートクラウド、拡張現実感(オーグメントリアリティ)などが並んでいます。

これが合っているか、また左から右へ進むスピードもそれぞれ違うと思いますが、それは別として、また、ここでの「3Dプリンティング」は、「一般個人が広く使う」という意味とすると、確かにこの辺なのかなと思います。でも、その一つ上の「同時自動翻訳装置」よりは、もう少し一般化、現実化が進んでいるように思えますが、いかがでしょうか。でも、「3Dプリンティング」がこういうところにリストアップされているのは、既に一般化がすすんでいる証拠かも。これから要チェックです。

No comments yet

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: