Skip to content

MakeTokyoMeeting06は「大きな一歩」でした!

2010年11月22日

今日まで開催されていたMake Tokyo Meeting06は、多くのご来場者の皆様、主催者、出展者の皆様、また特にi.materialiseブース展示にご協力いただきました株式会社アルファコックス様有限会社杉浦設計事務所様、全くプライベートで来ていただいたのに、わざわざ作品「RED 01」を持ってきて、展示していただいたozakiさん、皆様のおかげで、無事、かつ大変有意義なものとなりました。この場を借りでお礼を申し上げます。ありがとうございました。

また今日は「サプライズゲスト」も来て下さいました。今週GoogleSketchUp新バージョン8リリースイベントのため来日していて、「もし時間があったら」とお誘いしていた、Googleアメリカ本社 SketcUp開発責任者 John Bacas(Product Manager)さん他、Aiden Chopra(Product Evangelist)さん、Bryce Stout(Product Manager, 3D-Warehouse)さんの3名が、帰国直前の貴重な時間を割いて、突然ブースに来られました。

(左Chopraさん、右Stoutさん、その右で、展示のホビーロボットに夢中になっている半分の背中がBacasさん)

みんなその場でSketchUpのデモをしてくれたり、またi.materialiseのサンプルを見て「すごい!」と驚いたり、また会場を急ぎ足で回って、「アメリカのMakeFairより面白かったよ!」と言って、帰国の途につかれました。Thank you for coming!

21日もほとんど休みなく、多くの方が次々とブースに来て下さり、SketchUpを実際に操作したり、3Dプリンティングの動画を見たり、サンプルを実際に触ってみたりして、「デジタルファブリケーション」をほんの少しだけでしたが「体験」していただき、その楽しさや可能性を分かっていただくことができました。すぐには証明できないですが、この2日間は、i.materialiseだけでなく、3Dプリンティング全体としても、「大きな一歩」であったのではないかと思います。

ご来場いただいた方にSketchUpでのモデリング体験していただいた、「ダイス」や「ICカードケース」のSketchUp用テンプレート3次元ファイルは、3Dギャラリーのこちらのページから、いつでもダウンロードしていただき、使っていただくことができます。

また、ご覧頂いた3Dプリンタの動画はYoutubeのこちらのページからいつでもご覧いただけます。

3Dプリンティングサービスはあくまで「道具」です。これからみなさんで、上手に使っていただき、「モノづくり」をどうぞ楽しんでください!

No comments yet

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: