Skip to content

3Dプリンティングシューズデザイナー「Marloes ten Bhömer」

2010年12月16日

i.materialiseグローバルブログから。

本当に革新的なシューズデザイナーとして挙げられる一人はRem D Koolhaas of United Nude 、そしてもう一人はMarloes ten Bhömer。どちらも最新の素材とデザインを駆使して驚くようなデザインの靴を産み出しています。

「同世代で最も活躍が約束されているシューズデザイナー」の一人と称されるMarloes ten Bhömer。彼女は革新的な新材料や今までと全く異なる外観デザインにより、「靴の新しい定義」を投げかけています。以下の写真にある、MarloesさんのRapidprototypeshoeは、実際に履くことができる、3Dプリンティングによる靴の、注目すべき事例です。i.materialiseのJoris Peelsが彼女にインタビューし、美しい靴が産み出される背景を探ってみました。

Joris Peels: どうして3Dプリンティングを使うのですか?

Marloes ten Bhömer: 3Dプリンティングは、いくつかの点で私にとって興味深いものです。

靴の製造メーカーを、彼らの外の世界の工法を使って製造することを納得させるのはとても難しいことです。 私の場合、使う製造法や材料は特別なもので、靴産業では使われていないものです。このことが、(いまのところ)作品をニッチ市場向け、少量生産向けとしていまっています。その点で、3Dプリンティングは私にとって2つの利点をもたらします。ひとつは靴を製造するのにわざわざ誰も説得する必要がないこと、もうひとつは、1足だけ作るにしても、少量作るにしても、作るための初期コストが全くいらないことです。

次に、3Dプリンティングがどのように実際にモノを作るかに大変興味を持ちました。「生」の材料が固められたり焼結されたりして積み上げられるというのは、少なからず「構造的な材料」とその作られ方という両面で、興味深く、挑戦的だと感じました。 また、「3Dプリンティングでしか実現しないパーツの創造」というのも明らかに面白いことで、美学としての新たな可能性と実現性は、本当にエキサイティングです。

JP: この靴はパーツが分解できるものですか? 実際の製品ですか?

Marloes ten Bhömer: この靴は分解できるものではありません。この靴のために、まずは試作品としてではなく、実際の製品として3Dプリンティングで作れるかの可能性を探りました。 この靴のデザインコンセプトは、1つのモノを複数の材料で作ることができるというもので、パーツを別材料のパーツに置き換えることができます。私はヒールのパーツにVeroBlack、アッパー・ソールのパーツに TangoBlack を使いました。ただし、VeroBlackはヒールに使うには硬すぎるかもしれません。 TangoBlackは良いと思います。

(VeroBlackとTangoBlackは、Objet社 3Dプリンタの材料名でPolyjet工法で造られます。i.materialiseではそれぞれ FineLayer Epoxyと Rubber Likeと呼んで、提供しています)

JP: 作るのに難しい点は?

Marloes ten Bhömer: 靴のデザインとしては、とても複雑で、かつ美しい連続曲面をもつ靴を、実際の足のサイズに合せるようにモデリングすることはとても大変でした。また、真直ぐ立った平面パネルは3Dプリンタにとって、プリントするのに難しい形状でした。これから試すのは、パネルの内側と靴の内側を構成する、パネルの足場となる硬い芯を作ることで、もうすぐやってみることになります。

現在、最も興味があるのは3Dプリンティングで実用的(試作ではなく)なモノを開発することです。面白いデザインとしての挑戦というのは、サステイナビリティ(持続性)とパーツが簡単に交換、または更新できるという使い方をデザインの初めに織り込んでいくことと思っています。例えば、3Dプリンティングによるヒンジ(蝶番)の事例はほんの少しありますが、「足に当たる部分」のパーツをデザインするとしたら、プリントの寸法誤差が問題になってくると思います。もし組み立てが不要で、かつ簡単に分解できるパーツをデザインできるシステムがあれば、とても面白いと思います。

もちろん、このアイデアは、細かい知識がない上での空想的な発想で、靴のデザインとしても別のコンセプトが試されていくと思います。靴は、小さいけれども、耐摩耗性、通気性、柔軟性、耐荷重、ねじれなどに優れた特性を持つ多くの素材が必要です。どの材料も、他の産業で使われるものも含め、数多く試され、開発されるものです。

Marloesさん、ありがとうございました。彼女のすばらしい作品をご覧になりたい方はこちらへ。

No comments yet

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: